岐阜市「茜部」の歯科医院 えんどデンタルクリニック
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・予防歯科

えんどデンタルクリニック

お問い合わせ診療のご予約:058-215-1180

ブログ:BLOG

桜も満開

2018.03.29

昨日の自宅近くの公園、岐阜市もそろそろ満開ですかね。

春休み、今年は高校入学前の健診が非常に多いです。治療がある場合、数回かかることもありますので、早めの来院予約お願いいたします!

桜の開花

2018.03.20

桜が開花したようです。

日曜日に木曽川の138タワーパークに子どもたちと行きましたが、桜が少し咲いていました♪相変わらずスゴく人気な公園ですね。春に向けて、人気の雑誌の新刊です。有名な桜と新しいお店がたくさん掲載されています。是非ご覧ください。※春休み、混み合いはじめました。早めの来院、ご予約よろしくお願いいたします。

スタディグループ BEC

2018.03.05

院長が名古屋で主宰している勉強会

スタディグループBEC今回も森デンタルオフィス 名駅前 にて行いました。

院長は、小児歯科における局所麻酔についてお話しをしました。

森デンタルオフィスは歯内治療専門医による歯の根の治療のみを行う歯科医院です。

非常に洒落ています。お困りの方、お問い合わせくださいませ。

http://nagoya-endodontist.com/

3月に入りました!

2018.03.01

3月になると、春休みや新生活が始まるからか、時間によって予約は大変こみ合っています。

初めての受診の方や、ホワイトニングなど希望の方、遅い時間帯しかお越しになれない患者様は早めのご予約お願いいたします。

 

 

貼るヒアルロン酸

エンドスキン ドリームパッチ
 正規取り扱いとなっています。

『エンド』とつくからには販売するしかないですよね♪気になる方お問い合わせください。

好評のホワイトニング

2018.02.27

新生活が始まる4月を前に、健診とあわせて増えるお問い合わせがホワイトニングです♪

ポリリン酸とか安いホワイトニング専門店とか… 色々ありますが、歯科医院でしか使用できないものを使用しています。

効果が高く、しみにくいです。

価格で選んで失敗していませんか?

デュアルホワイトニング、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング 対応しております。

ホワイトニングの前には、必ず歯科衛生士さんによるPMTCやスケーリングが必要です。

色が気になる方、早めにお問い合わせくださいm(__)m

【よくあるご質問①】

2018.02.22

『予約は必要ですか?』

基本的には必要ですが、全ての時間が埋まっているわけではございません。電話で連絡をいただければ、空いている時間帯をご案内致します。

優先順位としては、あらかじめ予約の患者様を最優先に、予約時間とはズレて来院された患者様、当日電話をいただいた患者様、予約なして来院された患者様の順でお待たせする時間は長くなりますm(__)m

連絡なしの来院はお待たせする時間が長くなりますので、なるべく電話でご確認の上来院くださいますよう宜しくお願いいたします。

出来る限りお待たせしないよう努力しておりますので、ご理解くださいませm(__)m

 

新しい案内

2018.02.19

岐阜市柳津ジャスコの交差点です

茜部方面へ新たなサインを出しました。

柳津、笠松、羽島方面からの患者様が非常に多いので、分かりやすくなると思います。

ホワイトニング&セラミックの白い歯

2018.02.07

入り口に設置した途端に反響の多い掲示板。

ホワイトニング&セラミックのススメです。

白くキレイで、長持ちのする良いものを提供していきたい。

色やカタチなど、見た目が気になる方、遠慮なく気軽にご相談ください!

 

新築続々!

2018.02.06

道路拡張、中央分離帯、信号の移動も落ち着き茜部野瀬~大川辺りの渋滞は減りましたね。スッキリ(^O^)

茜部大川~東鶉あたり、茜部近辺でもとくに分譲や建て売り多いので、見ているのが楽しみなのですが、クリニック裏のアパートも入居募集開始みたいですね。お隣のGU裏のオウチも沢山に増えてきています♪スゴいスピードで変化するのは、楽しいですね♪

歯科医師の患者さんが教えてくれたこと。

2018.02.05

えんどデンタルクリニックは、医療従事者の患者さんが非常に多い。医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士…

人によって治療の内容や質に差があってはならないのだが、中でもやはりもっとも緊張するのは歯科医師の治療だ。

今、大学病院でも診療している歯科医師を治療している。大変難しい状態になっている、難易度の高い治療だ。

院長の診療理念や診療内容、CTやマイクロスコープ、滅菌設備を知っての受診であろうから、尚更緊張する。

院長自身、患者さんの非常に多い、忙しい歯科医院に勤務が長かったので、治療のスピードや経験の量に関しては、圧倒的な自信を持っている。

はずだったが、

非常に難易度の高い治療では、全力で望んでもうまくいかないこともあるのだと思い知らされた。

結果はなんとかなりそうですが…

大学の先生である歯科医師に、今さら身をもって、「過信するな」「謙虚であれ」と教えられた気がしている。

医師である作家 南木佳士 の作品にでてきた言葉で、捉え方は作家の意図とは異なるのかもしれないが、院長の座右の銘がある。

「絶対謙虚」

謙虚を忘れたら退歩しかないのでしょうね。